お墓の豆知識

小豆沢墓苑

お墓の言葉いろいろ・・・何て読むの?どんな意味?


宗教不問 … 本当?

ご見学者の質問で一番多いのが、「本当に宗教不問(しゅうきょうふもん)?」です。
確かに広告等で宗教不問と書いてあっても、購入後はその宗派の信徒になってください、という所もありますね。この場合の宗教不問は「これまでの宗教、宗派は問いませんよ」の意味になります。つまり「購入後は宗教・宗派問いますよ」というわけです。 
当社がご案内している小豆沢墓苑はもちろん「ご購入後も宗教・宗派不問」です。
一般的に財団法人か宗教法人が事業主体になっている霊園を民営霊園といいます。
小豆沢墓苑は宗教法人が事業主体になっている民営霊園ですから、この心配はありません。
いろいろな宗教・宗旨・宗派の方がご利用になっています。もちろん無宗教の方もいらっしゃいます。

民営霊園のメリットは、

  • 生前建墓(寿陵)が可能なこと。(ご焼骨がなくても購入可能)
  • 今お住まいの場所を特定されないこと。
  • 宗教・宗旨・宗派を問われないこと。

寿陵?

「じゅりょう」と読みます。
生前に建てるお墓のことを「寿陵」または「逆修墓(ぎゃくしゅうぼ)」と言います。
よく生きているうちにお墓を建てると悪いことが起きると言う方もいるようですが、それは迷信です。
小豆沢墓苑でも生前に購入される「寿陵」の方はたくさんいらっしゃいます。
お身内の方が亡くなって霊園を探し、四十九日忌の埋葬に合わせお墓を建てるというのは、打合せの時間も必要ですから相当難しく施主様にとっては大変な事です。
最近はメモリアルローンというお墓を建てる為の専用ローンもありますから、

「現役で働いているうちに」
「共働きできているうちに」「両親のために自分(息子さんや娘さん)が若いうちに」

等、お墓を建てる年齢も低年齢化しています。
特に、お墓や納骨堂の費用を別々に考えなくてもいい「ペットも共に埋葬できる小豆沢墓苑」では、若いご購入者がたくさんいらっしゃいます。
当社でも低金利の「メモリアルロー」ンを承っております。お気軽にご相談ください。



改葬?

「かいそう」と読みます。お墓のお引越しやご遺骨を移転することです。
既にどこかのお墓に埋葬してある場合や、納骨堂に預けてある場合、今埋葬している所から、お骨を引き取ってきて小豆沢墓苑に建てた新しいお墓に埋葬することをいいます。

「地方ご出身の方が、東京近辺に永住を決めたから」
「お墓の後を継ぐ子供のことを考えると、お墓が遠方だと大変だから」
「納骨堂にずっと預けていたけど公営墓地の抽選に当たらないから」
「親戚のお墓に埋葬していたけど段々縁が遠くなってきて」

…等々ご購入する方でお墓をお引越しする改葬の方は意外と多いのです。

PDF:  「改葬の流れ」  




開眼供養?

「かいげんくよう」と読みます。
お墓を建立したときに行う儀式の事です。仏教ではお墓を建てただけではただの「モノ」に過ぎないとされています。墓石に入魂する開眼供養をすることにより「モノ」から仏塔になります。
小豆沢墓苑のご利用者で、既に遺骨がある場合は、納骨法要と一緒に行う方が多いです。


承継?

「しょうけい」と読みます。
墓地を受継ぐ場合は、継承といわず承継といいます。

※お墓の承継?
Q&A でもいろいろなケースを紹介していますが、少子化の影響、子供は娘さんだけ、等 「長男がいないと申込みできないのでは?」というご相談を受けます。
確かにこういったケースでは、申込みできない霊園もあるようですが、 小豆沢墓苑は大丈夫ですよ。ご見学の際ご家族構成なども含めご相談ください。


カロート

納骨室、つまりお墓のお骨を納める所です。地上式と地下式があります。
地上式は丘(おか)カロートともいいます。
改葬された骨壷の中を見ると水が入って入ることがよくあります。
小豆沢墓苑は丘カロートですから、骨壷の中に水が入ったりする心配もありませんよ。


墓所使用権?って…永代使用権なの?

よく「えいだいしようけん」と耳にする方が多いと思いますが、「永代」と聞くとお墓の承継者がいてもいなくても、永遠に使える使用権!と思いますよね。
「跡継ぎがなくなっても、永代?ここで?ずっとそのままでいいの…?」…とはなりません。
とするとこの「えいだい」の言葉、ちょっと疑問ですよね。
小豆沢墓苑ではこのような誤解がないように、はじめから「墓所使用権」とご案内しています。
この墓所使用権とは、お墓を承継し管理費を納めていく方が続く限り使用する権利があるということです。
ちなみに、お墓を建てる区画部分は所有権ではなく、使用する権利を買うという事です。